IPO当選狙うならGMOクリック証券のような抽選

人気のIPOというのは申し込みをしても、簡単に当選するものではありません。
初値高騰間違いなしという銘柄であれば、公開価格で手に入れられるだけでリスクなしに大きな利益を手にすることができるわけですから、当然申込みをする人の数も多く簡単に当たるものではなくなってしまいます。
それでも、IPOに参加をするのは当選した時に購入代金がかかるだけで済みますから、ただで参加をすることができる宝くじ気分で参加を続けていればいつか当選をすることも夢ではありません。

しかし、確率の低い証券会社を利用していればいつまで経っても当たらないということは珍しくないものであり、その場合参加をする証券会社を変えるあるいは増やすことで確率を高めることができます。
それではIPOが当選しやすい証券会社はどこかというと、GMOクリック証券のように抽選が完全平等の証券会社を選ぶことがポイントです。
証券会社としても商売ですから、初値が期待できる銘柄であれば大口の顧客に回して優遇をしたいと考えるものであるため、大部分はそのような大口客に渡ってしまうので一般的な小口客の当選は難しくなってしまいます。
ところが、GMOクリック証券のように大口も小口も関係なしに平等に抽選をしてくれる証券会社であれば、ふだんあまり手数料を支払っていない利用者であっても当たる確率は変わりませんからその分有利になるといえるのです。
つまり、相当な金額の手数料を支払っているというのであらば、裁量配分のある証券会社が有利となりますがそうでないのであれば、GMOクリック証券のように完全に平等な抽選をしている証券会社を選んで申し込みをすれば当選確率のアップを期待することができるのです。