IPOで株売り出ししない時は株価上がる前に資産管理会社を

非上場企業は、株式を新たに発行し、それを証券取引所に上場することで、事業に必要な資金を幅広い投資家から集めることができます。同時に、会社の知名度や信用度が上がることも期待できます。自社株を取引所に新規上場することは、一般にIPO と呼ばれます。
さて、ある企業がこのようにしてIPOを計画する場合、取引所に上場されることになるその株式は主に2つの種類に分類されます。すなわち「公募株」および「売り出し株」です。事業に必要な資金を集めるため、会社が新た発行する株式は「公募株」と呼ばれます。一方、「売り出し株」とは、その会社の関係者たち(会社のオーナー、創業者、社長、およびその一族など)が、自分たちの保有している株式をこのIPOの際に売り出すもののことを指します。もちろん、この時に売り出しをせず株式を持ち続けるという選択がなされる場合もあります。
近年、このようなIPO株式は上場後に高値で取引されることが多く、投資家たちの人気を集めています。実際にIPO後に株価が上がるとすれば、これを売り出さずに保有し続けた会社関係者にとっては喜ばしいことです。自分の個人資産が増えると同時に、自分の会社の時価総額が上がることになるからです。しかし、嬉しいことばかりとは限りません。もしその資産(保有する株式)を相続しなければならない時には、多額の相続税がかかってしまいます。
そこで、そのような場合の節税対策として効果を発揮するのが、資産管理会社の設立です。自らの保有する株式を管理・運用させるための会社です。自分の保有する株式は資産管理会社に売却し、自分自身はその管理会社の株式を保有します。そして、資産管理会社の評価額は、保有資産の一定割合がそこから控除されることになっています。このため、上場株式を直接保有するよりも相続税評価額を大幅に引き下げることができるわけです。