定評あるフィスコのIPO初値予想

IPOに限らず、投資に関心のある方なら、フィスコの名を目にする機会は多くあるでしょう。
株式会社フィスコは投資情報サービス会社で、株式・通貨・金利・商品市場を調査対象とし、ブルームバーグやトムソン・ロイターに代表される金融情報端末や、Yahoo!などのポータルサイト、インターネット証券サイトなどに広く情報提供を行っています。
また、上場会社の企業調査レポートを発行するほか、連結子会社を通じてアニュアルレポートや株主通信作成サービスを提供するなど、法人向けサービスも行っています。
個人投資家の間で有名なのは会員制投資情報サービスで、特にIPO情報サービス「フィスコIPOナビ」には定評があります。
フィスコは公募株の入手方法が入札の時代からIPO情報を手掛けており、業界の草分けとして長年蓄積された分析力と情報網を生かし、手に入りにくいけれど本当に必要な情報を提供しています。
その情報は個人投資家のみならず、証券会社やベンチャーキャピタル、IPOを行う企業自身など、IPOの実務家や専門家からも頼りにされています。
公開株を入手できた場合、最も気になるのはIPO初値予想です。
フィスコは銘柄の分析だけでなく、市場のトレンド、市場参加者たちの評判、幹事証券会社の動きなどにくまなく目を配り、的確なIPO初値予想を会員に提供しています。
そして、予想をしたらそれで終わりではなく、IPOマーケットに変化の兆しがあった場合には、素早く評価を見直し情報を提供しています。
新しく上場する会社はまだ市場の評価がない状態で、情報も少ないです。
そんな中でIPO初値予想をするのは、個人投資家にとっては至難の業。
フィスコのIPO情報は、どの銘柄が人気があるのか、話題の会社はいくらくらいになりそうかなど、これまで培ってきた調査ノウハウと独自の情報網で、個人投資家をしっかりとバックアップしてくれます。